Year Of The SNAKE

少しハイシーズンを外れた感はありますが、今年の干支は巳です。

すなわち、蛇の年ということだそうで、わがWHITESNAKEがワール

ド・ツアーを実施中。このゴールデン・ウィークには、日本に来て

いました。



今回は新作のレコーディングを発表してのプロモーションでは

ないので、ツアーのプロモーションのためでしょうか、一昨年の

日本ツアーでの映像がDVDとして発売され、ツアーパンフやバック

ステージのスクリーンも同じデザインで構成されていました。



とはいうものの、ライヴのセットリストは良い意味で予想を裏切る

内容となっており、トミー・アルドリッジの復帰とともにCrying

In The Rainが復活するかという予想は、見事に外れる大転換ぶり

です。



そのトミー・アルドリッジですが、さすがに加齢による衰えが

見え隠れするものの、若さによるパワーに任せた叩きまくりでは

なく、パワーを完全にコントロールしながらクラッシュ1枚の

叩き方に数通りものバリエーションを見せるなど、円熟した見事

な職人芸でクオリティの高いステージを下支えしていました。



幸いにも、今回はドラムの生音が届く範囲で太鼓の音を楽しむ

ことができましたので、その場で聞くトミーのソロは、さしずめ

上等なフィレ・ステーキをワン・パウンドご馳走になるような

気分にさせて頂きました。



tommyaldridge-whitesnake.jpg



個人的には、長年待ち焦がれて半ばもう永遠に聞くことができ

ないだろうと思っていたかつての名曲に、この眼で、目の前で

居合わせることができ、今回のステージもきっと生涯の思い出に

なるだろうと思います。



これで、ますますロンドン・ハマースミスに飛びたくなりました。





感謝!