Red Dragon Cartel

かつて、オジー・オズボーン・バンドでリード・ギターを弾いた

ジェイク・E・リーが目の前でギターを弾いている。



どれほど待ち望んだことだろう?



20年?25年?



あまりにも長い年月だったが、信じる者は救われる。



red-dragon-cartel01.jpg



BADLANDSのときはブルーズブームだったから、少し前まで

速弾きだったり、ちょっと前までLAイケイケだった連中まで

ルーツはブルーズだとかインタビューで答えていて、もうある日

突然時代と世の中が変わってしまった不況時代のような錯覚を

させられたものだったけれども、あれから更に長い年月を経て、

ようやく聞きたかったザクザクギターを引っ提げて帰ってきて

くれた。



公開されたオフィシャルのPVを観たときの、その鳥肌が立つ

感動は今後も忘れることはないだろう。



そのジェイクが、目の前でThe Ultimate Sinのリフを弾き始めて

いるのだ!



red-dragon-cartel02.jpg



救われる瞬間、生きる喜びとはこのことを言うに違いない。



ショウは、新譜からとバッドランズがほとんどで、オジーの頃の

楽曲は少ない。というか、これとアンコールのBark At The Moon

だけだ。Shot In The Darkを聞きたかった自分としては、もち

ろん消化不良は残る。



しかしながら、まだ楽しみが残ったと解釈すればいいだろう。

もうこれまでと同じだけの長さを待たされることもなかろうかと

思う。



もし、次の機会にShot In The Darkを聞くことができたら、その

時は最高にビールが美味しい夜になるに違いない。



ジャックダニエルの薄いハイボールを飲みながら、そんなことを

考えた夜になった。



感謝!